スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームメイトの宮田賢二氏

チームメイトの宮田賢二氏筑波サーキットMFJレースヤマハAS1
1973年頃の写真(MFJのライディング誌)でゼッケン22が宮田氏(マシンはヤマハAS1改)MFJのレースでコースイン前だと思います。彼は次のマシンではワールド筑波で売りに出されていたフルキットUPマフラー仕様のCB125を買いレースに出ていました。
最近たまたま用事があって電話したら、CB125のRSCパーツが物置にあるとの事、おもにピストンとリングそれと鈴鹿レーシングから譲って貰ったシリンダーへッドほか小物パーツ・・・・・RSCの30年以上前のパーツが今でもあるのですね・・・私もCS90RSCのレーシングシートを最近まで持ってたくらいですから、有るところにはあるのですね!!!
なぜ、鈴鹿レーシングのシリンダーへッドがあるのか理由を聞いてみると、彼らが筑波サーキットへ来ると毎回帰りの裏道を一緒に行って高速の入り口まで教えてあげてるうち仲良くなりパーツなど譲ってもらう様なったそうです。もともと宮田氏は名古屋の一宮の出身で気があうのでしょう。
CB125でレースに参加する様になってからは、エンジントラブルなどあった時などパーツを借りに行ってました、それでカムシャフトが焼きついた時借りに行って入れようとしたらオーバーラップが大分大きくシリンダーへッドに入らなかったらしいです。当時私もその場所に居まして・・・え!!!っとビックリしました。だからRSCのカムシャフトをジャリカム・ジャリカムって言ってたんでしょうね。先日弟から聞いた話ですけど実戦では16000rpm近くまで回しているらしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ロードテクニック

Author:ロードテクニック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。