FC2ブログ

ホンダ創立25周年記念GPマシン

 RC174(1967年)
RC174
この写真は、ホンダ創立25周年記念として多摩テックで開催された時のもようです。
RC174とRC166は、富士スピードウェイに見にいったことがあります。ライダーはマイクへイルウッド たしか・・・・CB450エクスポートに弟と2人のりして、ひたすら246号を走った覚えがあります。
多摩テックは今年9月30日で閉園するそうです、1961年オープン時の初代所長は高橋国光さんらしいです。

RC174 隅谷守男

RC174  隅谷守男RC174隅谷守男
ホンダ創立25周年記念イベントとして、荒川テストコースで工場レーサーを走らせました。
私も見に行きたかったけど、当日はレースかスポーツ走行のどちらか忘れましたけど、見にいけませんでした。
このRC174と隅谷さんとゆうと、とても印象に残っている事があります。鈴鹿サーキットで開催している日本GPの当日、RSCの方からすごいエンジン音していたので見に行きましたら、隅谷さんがRC174のエンジンを掛けてるでわありませんか!!!!!急いでピットに戻っていって、6気筒がエンジン掛けてるぞと、言いましたら大勢の人が見に行きました。その中に有名なライダーがいました。のちにホンダNR500マシンに乗りました片山敬済さんです、エンジンあたりを興味深くのぞいてました。
日本GPに隅谷さんはCB500Rでエントリーしていましたが、出場しませんでした。

テンショナー・プッシュボルト図

 テンショナー・プッシュボルト図テンショナー・プッシュボルト図

テンショナー・プッシュボルト

  テンショナー・プッシュボルトの加工
CB90テンショナー
これは大事な加工です。(富江さんが図を書いて送ってくれました)
鈴鹿レーシングのCB90/CB125Sがシリンダーの後ろ(テンショナー側)にボルトを付けていたので、不思議に思い富江さんに聞きましたら、(先日、弟に聞きましたらバルブタイミングが狂うのを防ぐボルトだそうです)テンショナーを固定するボルトだそうです。(追加説明)②穴のあとはネジ山を切るのとオイルが漏れない様0リングが入る溝を作る、この溝は0リングが全部入る溝を作るとシリンダーの方のネジ山が少なくなるのでテーパー状に加工する。

CB90レーサー (エンジン仕様)75年

  CB90レーサー (エンジン仕様)75年
Pict0004rCB90エンジン仕
当時のエンジン仕様です。 35年前の事なので、忘れてしまっている部分が多く・・・・・・・・
先日、メカニックをしていた弟に、ブログの話をしたら分かる範囲でメモしておくそうです。
CRキャブ24Ф→29Фにしてからはセッティングが難しくて苦労しました、それと31Ф(CB125用)は沢山ありましたが29Фの単品はなかなか手に入りませんでした。それでワールド筑波の橋本さんに頼んだら探してくれました。(全部砂型) 29Фの次は31Фを付けようと思いましたが、エンジンとのバランスが取れてなく諦めました。
プロフィール

ロードテクニック

Author:ロードテクニック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム